「枷」を使いこなす方法 そこにドラマが生まれる!【第41話 2021.4.11】

「枷」の使い方とは?


桜の花も散り、葉桜が力強く太陽に向かって目を出しています。
暖かくなったと思ったら肌寒くなる季節、体調を崩されませんように。
さて、今回は「枷(かせ)」、物語に必要不可欠な
「枷」についてお話をしてみたいと思います。
物語の中で、主人公を思うように進めなくする要素の一つが「枷」ですね。
そもそも「枷」とは、
首枷、手枷、足枷といった、
昔の罪人がつけられて束縛されていた道具のことです。
足枷をつけられたら自由に歩くことはできません。
手枷をつけられても自由を奪われます。
自由に動けなくすること、行動を制限すること、
つまり「枷」を付けられると言います。
その「枷」がみている側をもどかしくさせたり、
共感させたり、応援したくさせたりするのです。

作者都合にならないように注意する

脚本を書いていく上で、一番気を付けないといけないことが、
作者都合にならないことです。
執筆がスラスラ進んでいるときは要注意なんです。
都合よくことが運んでしまい、展開が単純明快すぎて、先が読めてしまいます。
そして、そんなに上手くいくわけがないのに、
上手くいってしまうと物語自体が現実離れしてしまい
共感は疎か、白けてしまうのです。
なので、物語が円滑に進み始めると、
なにかしらの「枷」を主人公に課せるのです。
前にも書いたかもしれませんが、
主人公はとことんいじめ倒すのです。
そして、その「枷」=(作者からのいじめ)を
どう乗り越えるかが物語を面白くする秘訣なのです。
もちろん、いじめるのは作者には不可能なので、
登場人物にそのいじめ役を与えますけどね。

どのように「枷」を使っていくのか

例えば、信号を渡ろうとする主人公が、
なかなか信号が渡れないように仕向けたりするのも立派な「枷」ですね。
実はそこに「ドラマ」が生まれるのです。
そういう何気ない日常で、

ありそうでなさそう、でもあり得そうなことを書くのです。

何故信号が渡れないのか? という「枷」を色んな方法で導き出していくのです。
どんな案でも構わないので、どんどん案を出していき、
練って練ってこねくり回して捻り出すのです。
お年寄りが今にも倒れそうに歩いているだけではいけないのです。
そのお年寄りを助けたくなる要素を
ふんだんに散りばめるのです。
暴走してきそうな車が通り過ぎるだけではないのです。

信号が故障したら?
信号がいきなり逆に動いたら?


考えれば考えるほど色んな案が出てきます。

「枷」の要素を理解してふんだんに使っていく

しかし、あまりにも突飛すぎるとこれまた作者都合になってしまいます。
この辺りのバランスが、書いているとわからなくなったりしますが、
例えば第三者に読んでもらったり、2~3日程寝かせてから自分でもう一度読んでみると、
結構客観的に読めて、作者都合も解消されると思います。
そして、主人公をいじめるキャラクターばかりだと主人公が立ち直れないので、
物語の中に主人公を助ける役のキャラクターを存在させておきます。
これは、副主人公が担う場合が多いです。
いじめる、敵対する役も副主人公ですけども・・・。
副主人公はいわゆる、作者の敵ですね。
作者がいじめ役を使って仕掛けた罠に主人公がかかってしまうと、
この助け役の副主人公は作者を裏切り、主人公を助けてしまいます。
このように、物語の中には、
それぞれ役割を持ったキャラクターが配置されているのです。
不必要な役など存在しないのです。
物語の中心に存在している役とか、
背景に必要な役とか、
サブストーリーを生きている役もいます。
色んな要素が全て集まって作品となるのです。
いらない役などありませんね。

GORO OSAKABE

それぞれの役割で「枷」と向き合わせる

こんな感じで、色んな役割を持ったキャラクターを登場させて
作者は主人公に「枷」を与えながら物語を転がしていくのです。
「枷」があるからこそドラマになっていく、
そして物語の起伏がつけられるのです。
そう考えると「枷」って、
物凄く重要なキーワードになることがわかります。
という具合に僕は脚本を書くときには
いつも「枷」で楽しませていただいております。
思いも寄らない「枷」を見出した時は
結構気持ちがいいものですよ。
ということで今回は「枷」について語ってみました。
ゴールデンウィーク明けまで、
思うようんい動けないという「枷」を
私たちは課せられてしまいました。
私たちを救ってくれる登場人物を待ちながら、
それぞれの物語を展開していきましょう。
明るい未来に向かって全身あるのみですね。

下記の記事もお楽しみください

選択という行為はみんなが必ずやっている?! 自分が選ぶ未来の自分【第34話 2021.2.21】

予兆を使って事件を起こす?!イメージを文字で表す脚本【第32話 2021.2.7】

自分の脳を操って自由自在に意識をコントロールする【第20話 2020.11.8】

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です